読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chart JS V2.0 Line Chart Point Style II

サンプルの内容

以前のサンプルでは凡例の周りが、チャート内でポイントを結ぶ線になっている。 そのため、個人的に不満が残る結果だったのを修正する方法を説明する。

options.legend.labels.generateLabels を利用する方法の説明となる。

f:id:katogiso-tech:20160918233534p:plain

これが、

f:id:katogiso-tech:20160918233533p:plain

こうなります。微妙ですが大きな違いです。

最終結果

f:id:katogiso-tech:20160918232025p:plain

mulit line chart からの主な修正点

変更点は

options.legend.labels.generateLabels

を追加する。つまり、以下のようになる。

options: {
    legend: {
        labels: {
            generateLabels: function(chart){
                return  chart.data.datasets.map( function( dataset, i ){
                    return {
                        text:           dataset.label,
                        fillStyle:      dataset.backgroundColor,
                        hidden:         !chart.isDatasetVisible(i),
                        lineCap:        dataset.borderCapStyle,
                        lineDash:       [], 
                        lineDashOffset: 0,
                        lineJoin:       dataset.borderJoinStyle,
                        lineWidth:      dataset.pointBorderWidth, 
                        strokeStyle:    dataset.borderColor,
                        pointStyle:     dataset.pointStyle,
                        datasetIndex:   i  // extra data used for toggling the datasets
                    };
                })
            }
        }
    },
}

ドキュメントの該当箇所

公式ドキュメントの

Legend label Configuration や、 Legend Item Interface を参考にする。 ただし、公式ドキュメントに記載されてないこともある。 そこはソースコードで補完する必要があった。

generateLabels

generateLabels メソッドを使って凡例を生成しているが、 凡例の図の設定に、点を結ぶ線の設定で描画している。 これが諸悪の根源である。

該当箇所は以下の通り。

generateLabels: function(chart) {
    var data = chart.data;
    return helpers.isArray(data.datasets) ? data.datasets.map(function(dataset, i) {
        return {
            text:           dataset.label,
            fillStyle:      (!helpers.isArray(dataset.backgroundColor) ? dataset.backgroundColor : dataset.backgroundColor[0]),
            hidden:         !chart.isDatasetVisible(i),
            lineCap:        dataset.borderCapStyle,
            lineDash:       dataset.borderDash,
            lineDashOffset: dataset.borderDashOffset,
            lineJoin:       dataset.borderJoinStyle,
            // This parameter, "borderWidth" is not good.
            lineWidth:      dataset.borderWidth, 
            strokeStyle:    dataset.borderColor,
            pointStyle:     dataset.pointStyle,
            // Below is extra data used for toggling the datasets
            datasetIndex: i
        };
    }, this) : [];
}

これを利用して lineWidth を datasets[*].pointBorderWidth に変更する。

  • fillStyle は今回 Array では設定してないから三項演算子を省略
  • lineDash, LineDashOffset は不要なので無効化
  • lineWidth は dataset.pointBorderWidth に置き換える
options: {
    legend: {
        labels: {
            generateLabels: function(chart){
                return  chart.data.datasets.map( function( dataset, i ){
                    return {
                        text:           dataset.label,
                        fillStyle:      dataset.backgroundColor,
                        hidden:         !chart.isDatasetVisible(i),
                        lineCap:        dataset.borderCapStyle,
                        lineDash:       [], 
                        lineDashOffset: 0,
                        lineJoin:       dataset.borderJoinStyle,
                        //This parameter is changed from borderWidth to pointBorderWidth.
                        lineWidth:      dataset.pointBorderWidth, 
                        strokeStyle:    dataset.borderColor,
                        pointStyle:     dataset.pointStyle,
                        datasetIndex:   i  // extra data used for toggling the datasets
                    };
                })
            }
        }
    },
}

戻り値

公式ドキュメントにある説明では、以下のように 10 アイテムのようになっているが、 元々のメソッドの最後にある datasetIndex は抜けている。 これが無いと凡例をクリックして、表示・非表示を切り替える機能が使用不可能となる。

{
    text:           String, 
    fillStyle:      Color,
    hidden:         Boolean,
    lineCap:        String,
    lineDash:       Array[Number],
    lineDashOffset: Number,
    lineJoin:       String,
    lineWidth:      Number,
    strokeStyle:    Color
    pointStyle:     String
}

全容

gistf80573512b84c2f5e118088f0fe4b9e8