Spacemacs に Specman mode を導入する

概要

有名なパッケージではないため自動でインストールできない major-modeである specman-mode を手動で使えるように設定する。

手順

以下の通りに進みます。

  1. specman-mode.el のダウンロード
  2. load-path とモードの追加

specman-mode.el のダウンロード

24 以降に対応した specman-mode を Cadence forum から入手する。

Specman Mode for Emacs - Functional Verification Shared Code - Cadence Technology Forums - Cadence Community

適当な場所(.spacemacs.d/lisps など)に置く。

load-path とモードの追加

emacs を立ち上げて

space f e d

で .spacemacs または .spacemacs.d/init.el を開く。 そして dotspacemacs/user-config に以下を追加する

  (add-to-list 'load-path "~/.spacemacs.d/lisps")
  ;;specman-mode
  (autoload 'specman-mode "specman-mode" "Specman code editing mode" t)
  (setq auto-mode-alist
       (remove-duplicates
        (append (list
                 (cons "\\.e\\'" 'specman-mode)
                 (cons "\\.ecom\\'" 'specman-mode)
                 (cons "\\.erld\\'" 'specman-mode))
                auto-mode-alist)))

これで使えるようになります。 もろもろ不慣れで幼稚なミスで autoload できずにはまった。 ※ load-path に設定するパスをミスしていた。